日本政策金融公庫融資

融資の種類(スーパーL資金)

スーパーL資金は日本政策金融公庫の融資制度の1つで

「農業経営改善計画の認定」を受けた個人や法人の方がその計画の実践に対し、
資金面での支援を受けることができる制度のことをいいます。

※「農業経営改善計画の認定」は、農業を行う市町村の「特別融資制度推進会議」の認定を受けることをいいます。

この融資は認定を受けた事業範囲に限られますが、主に次の部分が対象となります。

◎農地等 取得のほか、改良・造成も対象となります。
◎施設・機械 農産物の処理加工施設、店舗などの流通販売施設も対象です。
◎果樹・家畜等 購入費、新植や改植の費用のほか、育成費も対象となります。
◎その他の経営費 規模拡大や設備投資などに伴い必要となる原材料費、人件費など
が対象となります。
◎経営の安定化 負債の整理(制度資金は除く)などが対象となります。
◎法人への出資金 個人が法人に参加するために必要な出資金等の支払いが対象です。
この融資の限度額は、個人の方が3億円、法人の方が10億円までとなっています。
そして返済期間は25年以内(うち据置期間10年以内)となっています。なお、特別な事情の方の場合、さらに限度額が高い融資も可能です。
また、金利負担についての軽減措置が可能なプランもあります。

日本政策金融公庫に関する申請のお手続きについては、当事務所で
サポートすることができます。
お気軽にご連絡ください。

このページの先頭へ